ホームページ > ニュース >

サッカーユニフォームをカスタマイズする際に注意する必要があることは何ですか?

サッカーユニフォームをカスタマイズする際に注意する必要があることは何ですか?

発表時間:2019-07-05
サッカーユニフォームはどこで作れますか?サッカーユニフォームをカスタマイズする際に注意する必要があることは何ですか?プロのカスタムサッカーユニフォームサッカークラブジャージ
サッカーユニフォームをカスタマイズする際に注意する必要があることは何ですか?
寸法は適切でなければなりません。適切なルーズポイント。最後に、あなた自身の色の好み。

サッカーウェアのプリント、ボールウェアのプリント、ロゴのプリント、電話のコンサルティング、WeChatMoマネージャーが必要な場合

サッカーで何に注意を払うべきですか?サッカーをするための注意事項は何ですか?
サッカーは、情熱と執着に満ちたボールタイプのフィットネスプログラムです。サッカーをすることは運動するだけでなく、協力する能力を高めることもできます。しかし、サッカーにはまだいくつかのセキュリティリスクがあります。では、サッカーをするための注意事項は何ですか?サッカーのメンテナンスとサッカーのスキルはどうですか?一緒に問題を見てみましょう。

サッカーの試合が行われると、会場が広くなり、選手が増え、体が衝突しやすくなります。ここにサッカーをするためのいくつかのヒントがあります。皆様のお役に立てれば幸いです。
サッカーをするときに注意しなければならないこと

1.アクティビティの準備をし、直接キックしないでください。少なくとも10分間のアクティビティを準備します。しばらくジョギングしたり、足首や膝を動かしたり、体を少し汗をかいたり、関節や靭帯を引き抜いたり、スクワット、膝、手首、腰などすべてのスポーツで使用される関節を使用したりできます。アクティブである必要があります。

長い間運動をしていない人は、イベントの準備のために良い仕事をしなければなりません。このように、それは筋肉活動の効率と関節の潤滑に貢献するだけでなく、スポーツ傷害を防ぎます。

2.運動中のランニング運動のため、技術的な動きの範囲と発汗量が比較的大きいため、公式競技会に参加することに加えて、運動、緩い、通気性、汗を吸収するスポーツウェアは、通常は着用に適していません自分や他人への不必要なダメージを防ぐためのサッカーマッチシューズ(スキンネイル)。よりフォーマルなゲームをプレイしている場合は、レッグプロテクターやその他の保護具を着用することをお勧めします。暑い日を蹴るときは必死になりすぎないでください。意味は正しいです。

3.サイトの設備が要件を満たしていない場所で運動しないようにしてください。サイトは不均一で、砂利や破片(滑走路、バンカー)があり、学生の足首の捻挫、骨膜損傷、アキレス腱損傷を引き起こしやすいです。

4.時間内に水分を補給します。水を傍観し、喉が渇いたら少し飲んでください。もう数回飲んでも構いません。疲れすぎて一度にたくさん飲むことができないまで待ってはいけません。

アイスクリームと一緒にアイスドリンクを長時間飲まないように注意してください。生水や冷水を飲まないでください。冷たいミネラルウォーターです。運動後は、小さなスポーツドリンクや塩水を飲むことができます。

5.サッカーは「全天候型」のスポーツですが、悪天候での運動は避けてください。高温多湿時の熱射病、けいれん、虚脱を防ぐように注意してください。

凍傷を防ぐために、低温多湿の間は暖かくしてください。夕暮れ時、夜明け(特に霧の日)。光が不足し、視界が悪く、神経反応が遅く、興奮性が低下し、損傷が大きいため。雨や雨も被害の重要な原因です。

7、運動の直後に冷たいシャワーを浴びることは良いよりも害があります。運動中の体の代謝過程の強化により、皮下血管は拡張し、大量に発汗します。

運動直後は、冷水シャワーを浴びて、体内で発生した多くの熱をうまく分散させず、内部の熱と冷気を形成し、体のバランスを崩し、体調を崩しやすくなります。正しい方法は、運動後に休憩を取り(脈拍を通常に戻す)、シャワーを浴びて温かいお風呂に入ることです。

8.最後に、朝または夕方の弱い時間帯にプレイするように注意してください。スキルが十分でない場合は、星の難しい動きを故意に模倣しないでください。そうしないと、それを言うことができません。間違いが学ばれて機能するのは残念です!

速いドリブルの練習を改善する

素早い足のエクササイズは、アクションのリズムと足のボールの感覚を体験し、改善することができます。速い足の動作を練習するいくつかの方法があります。サッカーも好きな友達とシェアしたいです。

演習1.ボールを左足から右足に、次に右足から左足に回し、ヘビでボールを進めます。これにより、進行中のボールを制御する機能が行使されます。

エクササイズ2.左足の内側を使ってボールを引っ張り、体の方向を変えて、もう一度ボールにそっと触れます。次に、右足の右側を使用してボールの練習を行います。これにより、ボールをシフトする能力が向上します。

エクササイズ3.ボールを左足の内側に引き、右足の指と甲を合わせます。ボールにそっと触れた後、左のつま先を右に引きます。

演習4.右足の内側を使用してボールを蹴り、水平に転がします(実際には、ファンがよく言う「スマッシングボール」)。もう一度ボールに触れた後、左足を使います。このエクササイズを行うときは、ボールを回した後、必ずボールを水平に転がしてください。ボールが斜め前方に転がると、ディフェンダーがボールを壊しやすいため、ボールは失敗します。
演習5、右足と足の裏がボールを後方に引っ張り、右足がボールに2回触れた後、左足に変えて所定の位置で練習します。このアクションは、ボールが保護されているときによく使用されるため、体力のある友達や前に蹴っている友達はもっと練習する必要があります。
サインアップすることを忘れないでください!
今後のすべてのプロモーションについて早期に確認し、新製品リリース